ホーム リリース情報 商品一覧 導入事例 会社概要 お問い合わせ

LEDTOPJAPAN

コンテニューム の詳細

CONTINEWMは、エアコンの吸い込みに設置するだけで消費電力の約20%(平均)を削減できる画期的な製品です。
初めて手に取られた方は、異口同音『たったこれだけで…?』と驚かれます。
エアコンの消費電力の約80%はコンプレッサーで使われていて、CONTINEWMを取り付けると熱交換効率が高まり、コンプレッサーの稼働が抑えられるからです。
機器に改造を加えることもなく、電源を切らずにすぐに取り付けられます。しかも、アフターケアも簡単。

さらに、空気の浄化作用があるので、結果として「居心地の良い」快適な空間をつくることができます。

特許取得済み 特許番号6486409号

 

●サイズ
約49㎝×48㎝×厚み2.5㎜
●重量
約200g
●色
ダークブラウン
●柄
ハニカム(最大幅16.97mm、最小幅14.7mm)
●材質
特殊天然鉱物/低密度ポリエチレン
●原産国
日本
●製造・        発売元
コンティニューム株式会社
●特許取得済
特許第6486409号
●国際特許出願済
PCT/JP2018/043247
●意匠登録
第1597440号

 

CONTINEWM(R)は特許を取得した意匠登録済み製品です。    類似品・模造品にご注意ください。

●その1 プラスの電荷発生を抑え、無電荷状態の空気に

エアコン内および樹脂製パネル(絶縁体)は、ファンの回転に伴う空気との摩擦により常にプラスの静電気が発生しています。
エアコンが帯電すると、空気の流れが乱れ、設計通りの気流にならず熱交換効率が低下します。
すなわち、プラスに帯電した空気がフィンやパネルを通ると斥力(反発力)が作用し、空気は表面から離れていきます。すると、熱の伝導率が低くなり、熱交換効率が悪化します。
常にマイナスに帯電しているCONTINEWM はプラスの電荷発生を抑え、無電荷状態の空気に変えます。このことで、エアコンは静電気の影響を受けず、設計通りの熱交換効率を発揮することができます。

●その2 空気を無電化状態にすることで塵や埃が付着しにくく

プラスに帯電した目に見えない空気中の塵や埃の固まりは集塵フィルターでは捕らえきれず、フィルターを簡単に通過して熱交換フィンの隙間に溜まっていきます。
これが、熱交換効率悪化の原因に繋がります。
ところが、マイナスに帯電しているCONTINEWMに触れた途端にプラスの固まりが分離。無電荷状態の空気になり、塵や埃が付着しにくくなります。

国内導入実績(一部)

 

●オフィス

NTT東日本株式会社

損害保険ジャパン日本興亜株式会社

日本コムシス株式会社

株式会社TOSYS

東光電気工事株式会社

テスコ株式会社

タニコー株式会社

株式会社 内藤建築事務所

株式会社 ナカタニ

株式会社 スハダコスメチック

●工場

株式会社豊田自動織物

日本メクトロン株式会社

株式会社 小松製作所

株式会社 小松電業所

技研株式会社

株式会社 北日本テクノス

瀬戸電子株式会社

戸塚電子工業株式会社

株式会社トランテックス

北越パッケージ株式会社

北陸製菓株式会社

株式会社 荻野製作所

●店舗

株式会社 東急百貨店

株式会社 ココカラファイン

上新電機株式会社

●病院・老健施設

医療法人社団慈豊会 久藤総合病院

医療法人社団 国立あおやぎ苑

社会福祉法人 武蔵野会

●寺院

本門佛立宗 妙深寺

●冷蔵倉庫

東京大田市場 株式会社大治

北陸大池運輸株式会社

●飲食店・ホテル

マジックバー銀座十二時本店

マジックバー丸の内十時ブリックスクエア店

ぎふ長良川温泉ホテルパーク

●塾

公文式教室

株式会社 クラ・ゼミ